宮古島旅行記①

先週ブログを書いていませんでしたが、旅行に行ってきました。

宮古島へ2泊3日間の旅行です。

 

出発は羽田空港から

f:id:sounnsa:20191014092322j:image

C-3POの飛行機がありました。

なんだかダサい…

せっかくスターウォーズを使ってくれているのにもったいない!

 

スターウォーズガンダムのようなSF作品をモチーフにする時は、記号が強すぎるから消さないとダメだと思うんですよね。

よく見たら分かる、というくらいに消さないと、ダサくなってしまう気がします。

ただしライトな層に訴求するには、記号がある方が分かりやすいと思うから、難しいのだろうけど。

 

書いていて思ったが、この考えはオタク特有の感覚なのかもしれない。

 

お昼ご飯
f:id:sounnsa:20191014092400j:image

乗り継ぎの福岡空港で食べました。

ここは飛行機を見ながら食べられるお店でした。

 

宮古島の上空
f:id:sounnsa:20191014092403j:image


f:id:sounnsa:20191014092319j:image

今までで見た海の中で一番綺麗な色をしていると思った。
f:id:sounnsa:20191014092313j:image

この景色は感動した。
f:id:sounnsa:20191014092336j:image

 

宮古島に着いたので、まずはレンタカーを借ります。


f:id:sounnsa:20191014092316j:image

レンタカー屋さんの自動販売機にプリンシェイクがあった。

青春の味だ。

 

その後ホテルでダラダラして、少しだけ出かけました。

 

晩ご飯は「レオン」という喫茶店で食事。

 

宮古島の新聞です。
f:id:sounnsa:20191014092420j:image

 

山羊を戦わせている。
f:id:sounnsa:20191014092347j:image

 

ピンダアースという競技のようだ。
f:id:sounnsa:20191014092339p:image

 

タコライスとステーキを食べた。
f:id:sounnsa:20191014092407j:image

 

レオンの周辺は宮古島の繁華街らしい。
f:id:sounnsa:20191014092310j:image

こんな様子だった。

日曜日の夜なのであんまり人がいない。

 

泊まったホテルの周辺はリゾートとして開発されていて、こんな施設もある。

 

ファンキーフラミンゴというお店。
f:id:sounnsa:20191014092343j:image

 

50年代のアメリカの曲を生演奏で聴ける。
f:id:sounnsa:20191014092329j:image

 

f:id:sounnsa:20191014092410j:image


f:id:sounnsa:20191014092350j:image

建物の中も格好良い。
f:id:sounnsa:20191014092356j:image


f:id:sounnsa:20191014092332j:image


f:id:sounnsa:20191014092325j:image

 

入場料を取らないので、ドリンクとフードは高め。
f:id:sounnsa:20191014092413j:image

バンドの出演料など諸々ここに含まれているのだろう。

 

ちょっと高めの料金を払って感じたが、

自分の仕事も短時間で高いお金を貰う仕事をしている。

お客様に割高だなと思われないように、自分も頑張らなければと感じた。

価値を出さないと割高だと思われてしまう。


f:id:sounnsa:20191014092353j:image

おじさんとおばさんのお客様はノリノリで楽しんでいたが、若者はあんまり楽しめていなかったかもしれない。

温度差がある感じで、勿体ない。

 

バンドの人が悪いわけでなく、コンセプトを絞り込み過ぎていることが原因だと思う。

 

宮古島内でおそらく競合がいないのに、50年代の音楽はコンセプトを絞り込み過ぎだと思う。

 

有名な映画のヒット曲を歌うとかして、世代を超えて楽しめるようにした方が良いんじゃないだろか。

 

寝る前に部屋でオリオンビールを飲んだ。

f:id:sounnsa:20191014092416j:image

 

ネットフリックスのオリジナル番組を観ながら飲んだ。

昨年のNBAドラフト1位のディアンドレ・エイトンがスーツを爆買いするという動画だった。

 

「俺の目標は高額での契約更新だ」とか言ってて、目標低すぎるだろ!と思った。

才能ある人なのに勿体ない。

恐らく大した選手になれないんじゃないか。

 

すごい選手は若い頃から高い目標目指している人が多いから、やっぱり目標設定って大事だなと感じた。

 

2日目に続きます。