433

今日は月曜日ですが休みでした。

土曜日も勤務だったから、振替休日を取ったのだ。

 

しかし、今回の台風は凄かった。

自分の周囲の人で大変な被害を受けた人はいなかったから良かったけど、

被害受けてしまった人は大変そうだ。

 

今週書きたい事を書いていきます。

 

■異質なインプットをする必要性

ある雑誌で、スニーカーショップの社長のインタビュー記事が載っていた。

f:id:sounnsa:20190909223349p:image

f:id:sounnsa:20190909223354p:image

f:id:sounnsa:20190909223401p:image

 

色んな方向のインプットをしていて、

これが良いお店を作る源泉になっているのだと思った。

 

一見、仕事と直結していない本を読んで、

異質なインプットをしているから、

人と違うアウトプットが出来るのだ。

 

自分は仕事に関係する本しか読んでいない。

これはいかん。

 

■明日は「つん」の命日

「つん」というのは小学生の頃まで、飼っていた犬の名前です。

今は絶対ダメだけど、放し飼いしていていた犬で、自分が生まれた頃に家にやってきた。

 

一緒に成長して、小学生5年生の頃に突然家に帰って来なくなった。

 

ずっと一緒にいたし、自分をいつも守ってくれていた犬だった。

小学生一年生の最初の登校日なんかは、通学班の集合場所までついて来てくれた。

自分が緊張しているのが分かったのだろう。

 

飼い犬なんだけど、どこか兄のような頼もしさがある奴だった。

 

つんがある日帰って来なくなったのが、9月10日だ。

2〜3日くらいは帰って来ないことはよくあったので、最初は心配をしていなかったが、しばらくしても帰って来ない。

どこを探してもいなくて、今回は本当に帰って来ないかもしれないと分かって泣いた。

 

初めて、生き物はいつか死ぬんだということを知った。

 

 

今日、部屋の片付けをしていたら、つんの写真が出てきた。

小学生の頃、自分の宝物を学校に持って行って発表する日があった。

その時に持って行った写真だ。

 

つんが出て行くちょっと前の時期、

俺のことを遠目でじっと見ている事が多かったことを覚えている。

当時の俺はゲームに夢中で、熱中していたんだけど、その様子をよく見られていた。

つんは、他に熱中している事があって安心しているように見えた。

熱中の対象が、ゲームだけど 笑

 

あの犬の性格を考えると、自分のことは忘れろと思っていそう。

 

俺をじっと見ていた時期は、自分の死期が近いことを悟って、

いつ出て行こうか決めていたようにも感じた。

それで俺が楽しそうにしているところを見て、

安心して出て行ったのかもしれないと思っている。

 

でも、年に一回くらいは思い出しても良いでしょう。

今日という日に、写真が出てきたわけだし。

 

書いてたら結構長くなってしまった。

実際は、こんなに人間のように考えていた犬かは分からない。

犬に対して過剰に考えすぎなのかもしれないとも自分ながらに思う。

けど、それほど自分にとって大事な特別な犬だった。

 

自分の夢の一つに犬を飼うという事がある。

その時は、つんのような雑種を飼いたいなと思っている。(家族が許してくれれば)

名前も、「つん」という名前にしたいなと思っている。(これも家族が許してくれれば)