クリードⅡ 炎の宿敵感想

昨日見てきました!

f:id:sounnsa:20190114143516j:image

 

前作に引き続き、良い作品でした。

 

心理描写の描き方が丁寧です。

キャラクター各人が悩みを持っており、悩みに対して戦っている様子が、観ている人の心を打ちます。

ロッキーシリーズの良いところは、己の悩みに対して戦うキャラクターの姿に共感し、諦めない姿に勇気付けられることだと思います。

 

今回の作品も、その良さが良い形で残っていた。

 

 最近の映画は派手な映像で観客を魅了しようとする作品が多いけど、キャラクターの心理描写だけでも、これだけ面白く出来るんだ。


ロッキーシリーズは良い進化をしている。

この進化が出来ているのは、スタローンの器量だと思う。

愛着ある作品を若手に任せる判断を出来ることは、なかなか出来ることではない。