758 20181018

昨日は会社の人の送別会だった。

二次会はカラオケ。

 

カラオケは嫌いだから、行きたくないのだが、

カラオケ好きな人達と仕事するうちに、耐性が付いてきた。

 

私はあまりに歌が下手だ。

だから普通とは違う路線で盛り上がる。

昔は恥ずかしくってしょうがなかったが、今はどっちでも良いと思えるようになった。

 

なんでなのかなと考えてみたら、視点が少し変わったのかなと思った。

昔は自分がかっこ悪く思われるのが嫌だったけど、場全体が盛り上がって、みんな喜べば良いかなと思う。

 

この記事書いていて、感じだけど、すげぇサラリーマンぽくなったなと感じた。

 

あとカラオケの時思った事に、リーダーの視座の高さは大事だなと思った。

カラオケの最期の締めで、リーダーが話していた。

 

この会社を良くしたい。

なぜなら、この会社で働いていることを誇れるようになって欲しいからだ。

同窓会、友達との飲み会で、この会社で働いていることを話して、周りから羨ましく思われるような会社にしたいと。

 

聞いた時、違和感を感じた。

ステータスの為に働くなんて、あり得ないと思う。

周囲からの評価の奴隷だ。

 

せめて日本を良くする為にとか言って欲しかった。

 

非常に優秀な方で、現実的な言動をする人だからこその発言だろうけど、違和感を感じた。