770 20181005

出張2日目

 

名古屋メシを食べたかったので、あんかけスパを食べた。

f:id:sounnsa:20181007174932j:image

名古屋に長くいる先輩からは、5回くらい食べると美味しさが分かるとのことだったが、1回目でも美味しかった。

俺は、あんかけスパの才能があるのかもしれない。

 

夜は先輩に飲みに連れて行ってもらった。

昨日誕生日の先輩だったので、プレゼントを買って行ったら喜んでくれたのか、お寿司屋に連れて行ってもらえた。

f:id:sounnsa:20181009221505j:image

 

f:id:sounnsa:20181007174937j:image

このエビがめちゃくちゃ旨かった。

注文を受けてからシメるので、新鮮だった。

 

このお店はオーナーが逃げてしまって大将が取り残されてしまった歴史がある店。

オーナーがいないので、資金繰りが厳しくなり潰れかけたらしい。

潰れかけた店をお客様が頑張って通って、持ちこたえた。

そんな歴史を知ると、みんなで繋いだ味なんだなとありがたさを感じた。

 

大将とたくさん話してて、一番勉強になった話。

大将が一番成長したのは、他人のやり方を受け入れて学んで来た経験とのこと。

派遣の寿司職人として、色んな店に行った時期があるらしい。

良い店も悪い店もあった。

そんな時に自分のやり方に拘らず、各店舗のやり方を受け入れると、技術の幅が広がるらしい。

自分のやり方に拘ってしまっては、得意技しか伸ばせないので、ここまでは力を付けられなかったと言っていた。