792 20180924

祖父が長期入院したため、地元に戻って会いに行きました。

 

10時ごろ

地元の駅に到着。

f:id:sounnsa:20180924193911j:image

 

まだ病院の面会時間ではないため、一旦実家へ。

実家は本当に落ち着く。

自分が守られている感じがあって、心から安心出来る場所だなと感じた。

景色や実家のにおいがそうさせるのかなと思った。

 

あと、愛犬と久しぶりに会いました。

f:id:sounnsa:20180924193925j:image

犬が家族の中で大きな存在になっていると感じた。

3人いた子供が全員家を出てしまった家にとって、家族を結びつける存在になっている。

 

トイプードルとシーザーのハーフなので、なんとも言えないアンバラスさがある。

f:id:sounnsa:20180924193931j:image

 

f:id:sounnsa:20180924193939j:image

去年はまだ、幼くて家中を走り回っていたけど、大分落ち着いた。

f:id:sounnsa:20180924193944j:image

 

豚もう先生とのお昼をキャンセルせざるを得なかったので、父とお昼ご飯。

f:id:sounnsa:20180924193950j:image

体力が付くように鰻を奢ってくれた。

f:id:sounnsa:20180924193955j:image

祖父の若い頃の話を聞いたり、実家を立てたりした時の話を聞けて楽しかった。

 

そのあと祖父に会いに行った。

祖父はほとんど会話が出来ないので、目で会話するだけだったが、会えて良かった。

看護師さん達はすごく頑張ってくれて、お陰様で、こうやって祖父に会えるんだなとありがたく感じた。

 

父に送ってもらって、駅へ。

f:id:sounnsa:20180924194002j:image

駅に送ってもらうと、スイッチが入る。

無意識に、仕事モードへ切り替わるのを感じる。

 

高円寺に戻ってからはマックで仕事の準備。

f:id:sounnsa:20180924194033j:image

世界一のバリスタ監修のコーヒーを飲んでみた。

このバリスタは大学の頃、同じ寮にいた。

 

生まれて初めてお酒を飲みに行ったのは、この人と行った。

 

しばらく交友関係がなくなったころ、

いつのまにか世界チャンピオンになっていた。

 

自分も頑張らないとなー。と思いコーヒーを吸いながら仕事をした。