一つ目標を達成したが…

今日はバスケの大会でした。

 

結果としては、

優勝でした!

 

 

やったー!!

と喜ぶべきなのだろうけど、

人に連れて行ってもらった感が否めない優勝でした。

 

自分はシュート10本打って、1本も入らなかった。

 

 

帰り道

中学からバスケやっているチームメイトが、優勝は初めてだと言っていた。

ずっとバスケしているが、小さな大会でも優勝したことなかったと。

 

どんな小さな大会であれ、優勝するというのは誇らしいことなのだろう。

 

ただ自分が出来たチームへの貢献はとても小さかったです。

 

今度の大会では、もっとチームに貢献したい。

 

自分がバスケを始めたきっかけは、高校生の時の体育祭です。

チームの為に点を入れ続けて、チームメイトに喜んで貰えるのが嬉しかった。

 

そういう気持ちを、今の競技レベルでも味わえるようになりたい。

 

自分を信じてパス出してくれる人、

遅くからバスケ始めた自分に教えてくれる人に、良い報告を出来るようになりたいなと思いました。

 

尊敬する選手のコービー・ブライアントは、

「夢とは旅路」だと言ってました。

 

夢を達成することだけに意味があるのでなく、夢を追う過程で得るものことが大事だと。

 

これこそが、夢や目標を持つ本当の意味なんだろうと思います。

 

 

今日は道具を手入れして寝ます。

 

ずっとメンテナンスしてなかったから、ボールが汚れてしまってます。

道具にも感謝込めて、手入れしよう。