やらなきゃいけないことは、後回しでもいいのだ

f:id:sounnsa:20171229091726j:image

 

この本を読んで一番印象に残ったのは、やらなきゃいけないことは、なるべく遅く始めた方が良いということです。もちろん納期が守れる限り。

 

これまで私は、やらなきゃいけないことだったら、早く始めてしまった方が良いと考えていました。

その方が早く終わるし、気が楽ですものね。

 

ただこの本で学んだのは、異なるアプローチ。

 

理由は、始めなくていい時期に始めたら、今持ってるプロジェクトと掛け持ちになって、無駄に忙しくなってしまうでしょ!ということ。

 

私であれば、今動いているのは、バスケ、英語、引っ越しといったプロジェクトがあるわけだが、これにすべて全力投球してたら、時間がいくらあっても足りない。

 

だからこそやるべきタイミングを見極め、しかるべき時に動く!

 

そうすることで、日常のカオスから解放されるのかも。