ソウンサの日記

世界を股にかけて活躍する人を目指す過程を書きます。まずは今年中にTOEIC600点

プロフェッショナルの原点 8月4冊目

この本からの学びは二つでした。

 

①自らの仕事の成果を定義せよ

現代の仕事は、単純労働ではなくなっている。

ネジを締めるだけの仕事のように、単純作業は仕事はない。

ますます複雑になっているし、やるべきことが山のように押し寄せてくる。

 

この状況を打破するには、自らの仕事の成果は何か?という事を常に問い続ける必要がある。

そうでもしないと、無駄な仕事に時間を奪われ続ける。

 

そして、仕事の成果を定める基準は、何をしたら他者へ貢献出来るか?である。

 

②自分の時間の使い方を分析せよ

計画することから、スタートすると計画倒れになる。

まずは、自分が何に何時間を使っているのか知ること。

自分の時間の使い方が分かれば、時間を整理整頓できるはず。

整理整頓後に、成果につながる仕事をする時間を確保しよう。

 

以上が私の認識です。

もしかしたら、少し違った解釈をしてしまっているかもしれないですが、まとめてみました。

 

 

 

2日連続で本の内容をまとめている理由は、体系化のためです。

先日、上司から指摘されて気付いたのですが、どうやら私は知識が散在してしまっているようです。

 

本を読んだら自分論にまとめてみて、使ってみる。

この過程を入れないと、読書の効果が薄れるみたいです。

 

大変ですか、これからもボチボチ頑張ってみようと思います。

 

最後にタイトルに書いた冊数は、モチベーションアップのためです。

達成感を感じてみたくて、書いてみました。

 

前月は12冊なので、超えたいと思っています。