読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ人と組織は変われないのか

f:id:sounnsa:20170226200059j:image

 

変わりたい!と切実に感じている人がなぜ変われないのかということを書いた本。

例えば、禁煙したい人がなぜ禁煙出来ないのか?

部下に仕事を任せたいと思っているマネージャーがなぜ仕事を任せられないのか?

 

この本で書かれているのは阻害要因をしっかり分析しましょうという事。

禁煙したい‥‥しかし友人が吸っているところを見て我慢できず吸ってしまった!

 

部下を育てたい‥‥が、自分の力を他者に見せつけたい!凄いと思われたいと思ってしまい、自分がやってしまう‥

 

などなど、目標達成しようと思うと、色々な阻害要因ありますよね?という話だった。

 

考え方としては「パフォーマンスコンサルティング」ととてもよく似ている。

そしてどっちも売れている本だ。

 

なんでだろうと思ったが、おそらく人間の思考プロセスで抜けがちな点に気づかせてくれているのかなと思った。

 

例えば目標を達成したい!

そうすると多くのことはやるべき事を書き出す。

よーしこれをやれば達成できるぞー!フハハ!

という具合。

 

ただいざやってみると出来ないことも多い。

残業で疲れたから、今日はいいかな‥‥

スマホをいじっていたら、こんなに時間かかってしまった‥‥ガッカリ

 

そうすると、スキルアップすれば残業を減らせるかも!

スマホをいじってしまったのは精神力が低いからだ!鍛錬鍛錬!

 

というように、能力アップや気合い根性で乗り越えようとしてしまう。

 

この本で言っているのは目標だけでなくて、阻害要因も分析しましょう。

何故、出来ないのか?

感情面を素直に見て分析しましょう。ということだ。

何故スマホをいじったのか?

そのとき、どんな気分だったのか?

今日は仕事頑張ったからご褒美に見ちゃおうかなと思ったのか。

やるべき事あるけど気乗りしないなーと見てしまったのか。

 

感情面まで分析して、対策を立てましょう。と教えてくれている本だった。