30歳の誕生日まで、残り1000日

30歳の誕生日まで、今日で残り1000日。

悔いのない日々を過ごしたい。

f:id:sounnsa:20180219215741p:image

人に喜ばれる努力をしよう

www.youtube.com

 

人に喜ばれる努力をしなければ....

 

頑張っても誰にも喜んでもらえなかったら、意味ないもんな。

マイケル・ジョーダンの名言に学ぶ

むかーしに知った名言だけど、最近になって刺さった名言があります。

 

もちろん、自分はまだ最高のレベルに達したとは決して思っていません。

むしろ、未熟な所ばかりだと思っていますが、

最近になって、意味が分かった言葉です。

 

成功したいと思うなら

自己中心的でなければいけない。

だがもし最高のレベルに達したなら、

自己中心的であってはいけない。

他人とうまく付き合い、

一人になってはならない。

- マイケル・ジョーダン -

 

最近失敗してしまった事を様々思い出すと、

要因は、ここに尽きると思っています。

 

私の能力の問題というよりかは、チームワークを発揮出来ていない時によく失敗しています。

 

独身時代、自分のことだけに集中出来た頃は、自己中心的に周りに迷惑をかけながらでも、力を伸ばすのが正解だと思います。

事実、私はそうやってきて、後悔は全くないです。

得た能力は、今の私を確実に助けてくれています。

 

ただ最近は自己中心的に行動してしまって、後悔することが多いです。

 

家族が出来て、職場の人数は入社当時の二倍になり、

求められる能力が変わってきたということなのだと思います。

 

周りの人の力を活かせる人になれるように頑張ろう。

 

モノに所有されるなよ自分

自分に不釣り合いなモノを手にしてしまうと、モノとの主従関係が逆転してしまうんだ。

そんな事に気付かされた動画。

 

www.youtube.com

 

 

よく働き、よく休む

f:id:sounnsa:20180204115221j:image

 

正月にチャーチルの本を読みました。

チャーチルの生き方から学んだ事は、

「よく働き、よく休むこと」です。

 

長い政治家人生の中、たくさんのピンチがやってきますが、すべて乗り越えています。

その姿に感動しました。

 

一日16時間働くエネルギッシュな人ですので、圧倒的なバイタリティで乗り越えたのかと思いましたが、どうやら違うようです。

 

 

意外性のある事を言っていました。

 

 

「人生で成功を収める事が出来た秘訣はなんですか?」

この質問に、チャーチルはこんな回答をしていました。

 

 

「精力の節約だ。坐っていられるのなら決して立たない。横になっていられるのなら、決して坐らない」

 

やるべき事に全力を注ぐために、余計な精力を極限まで削っていたのでしょう。

一日8時間寝ていたという逸話も記載されてしました。

 

また、体力面だけでなく、精神的にも休みをとるのが上手いなと感じました。

趣味がたくさんあったようです。

絵画、蝶をあつめること、お酒、邸宅の改装

 

第二次世界大戦のイギリスを率いるという、ストレスフルな仕事にも対応出来た理由ではないかと思います。

 

 

これから人間は100年生きるといわれていますが、

ほとんど人は100年という時に負けてしまうと思います。

 

生きる事が出来ても、身体が思うように動かなかったり、

目指すべきものがなくなり、堕落した精神状態になってしまうのではないかと思うのです。

 

やるべき事をなすために、身体と心をメンテナンスし続ける。

目の前のことを一生懸命やろうとしすぎると、忘れてしまいがちです。

戦い続けるための、休憩をとる重要性を教えてもらいました。

やらなきゃいけないことは、後回しでもいいのだ

f:id:sounnsa:20171229091726j:image

 

この本を読んで一番印象に残ったのは、やらなきゃいけないことは、なるべく遅く始めた方が良いということです。もちろん納期が守れる限り。

 

これまで私は、やらなきゃいけないことだったら、早く始めてしまった方が良いと考えていました。

その方が早く終わるし、気が楽ですものね。

 

ただこの本で学んだのは、異なるアプローチ。

 

理由は、始めなくていい時期に始めたら、今持ってるプロジェクトと掛け持ちになって、無駄に忙しくなってしまうでしょ!ということ。

 

私であれば、今動いているのは、バスケ、英語、引っ越しといったプロジェクトがあるわけだが、これにすべて全力投球してたら、時間がいくらあっても足りない。

 

だからこそやるべきタイミングを見極め、しかるべき時に動く!

 

そうすることで、日常のカオスから解放されるのかも。

 

辛いことがあるから、楽しい事が分かる

ここしばらく仕事がハードでした。

ブログも書きたい事はたくさんあるのですが、気力と体力的に書けないという状態。

 

ただ、そんな日々を過ごせたから気付けたこと。

 

辛い事に全力で向き合わないと、自分が楽しいと思うことに気付けない。

 

今週は仕事で大変だった分、昨日のバスケの大会は楽しかった。

やっぱり楽しいな。

もっと上手くなりたいな、と心から感じました。

 

今週はやりきったと、頑張ったぞ、胸を張れる一週間を過ごしたからでしょう。

 

刹那的な楽しみが溢れる世の中に生きています。

こういう経験を味わえるのは貴重になってしまっているのかもしれません。

 

経験している時は大変でしたが、すごくありがたい経験でした。