読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニ四駆大会

バスケの練習場所の最寄駅でやっていました。

親子二代で楽しんでる人がたくさんいました。

f:id:sounnsa:20170423130901j:image 

 

ミニ四駆を知らなそうな人もレースの様子を見学していました。

ミニ四駆って何故か分からないけど、根元的な楽しさがありそうな気がします。

 

曲がりくねったコースを猛スピードで走っている姿は、よく知らない人が見ても楽しいと思います。

 

そこで思い出したのが、ミニ四駆の後発として生まれたダンガンレーサーという商品。

全く流行らなかった記憶があります。

私は買ったけど、友達の誰も待っていなくて寂しかった。

f:id:sounnsa:20170423130855j:image

 

この商品の失敗は、走っている瞬間を見ても、あんまり楽しくなかったのがあるのではないかと思いました。

半分に切ったパイプの中を走り回るのですが、見ててもあんまり面白くなかった。

 

一方で、ミニ四駆は走っている瞬間を見ていらだけで楽しいです。

何故か分からないけど、根元的に訴えかけて来る楽しさがあるような気がしました。

フツフツと

大叔父のお見舞いに守谷に行きました。

守谷までは妻の家族に送っていただき、家族と1日に過ごす日になりました。

 

不思議と心の中からフツフツとエネルギーが湧いて来るのを感じました。

この人達の為にも、何事も一生懸命頑張ろうと。

 

自分で心踊る目標を設定して、自らを鼓舞してもモチベーションは上がりますが、自然と湧き上がる気持ちは家族と過ごさないと出てこないのかなと思いました。

 

晩御飯は守谷の常陸屋さんへ行きました。

美味しかった!

f:id:sounnsa:20170423081244j:image

 

そして今日は気持ち良い天気です。

バスケに行きます。

中学生に一対一の極意を教える約束をしていたので頑張ります。

f:id:sounnsa:20170423081342j:image

 

 

伊藤園の

この製品の広告いいなーと思いました。

f:id:sounnsa:20170422212238j:image

 

f:id:sounnsa:20170422212423j:image

 

出かけ先も美味しいお茶を持って行けるように フィルターが付いてるらしいです。

 

商品でなく得られる生活の豊かさを宣伝していていいなーと思いました。

 

知識+経験=教訓

今日は会社の入社式でした。

良い学びがあったので、共有させていただきます。

 

役員からのスピーチを聞いているの時に、気付きました。

 

何度も言われているメッセージでも、あるレベルに達していないと気付けない事があるんだなと。

 

例えば、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉です。

これは私の最初の上司に言われたのですが、本日改めて聞いて、周囲への感謝が足りていなかったなと猛烈な反省を感じました。

 

一年目の私に語ってもらったのと同じように、

同じ上司から、

同じ言葉で語っていただいたのですが、感じ方は異なりました。

 

周りにサポートしていただきながら、

苦しい事も嬉しかった事も経験出来たからだと思います。

 

 

経営者や役員の方と話していると、思いが伝わらないと悩まれる方は多いです。

けどこれは当たり前で、何度も繰り返し伝え続けるしかないのだと思います。

 

人は本や人の話から知識を入れることは出来ますが、教訓は学ばないのだと思います。

知識と経験が結びついて、初めて教訓になるのではないかと思います。

 

だからこそ、人に教訓として学んで貰うことは難しいのだと。

だからこそ、経験と結びつくタイミングが来るまで伝え続けなければいけないのだと。

 

そんなことを学べた日でした。

 

 

 

 

自分だけには絶対に負けたくない

好きな選手の名言です。

「朝4時に起きるのは、精神的な強さを求めるからだ。「今朝は、やらなくてもいいかな。寝返りを打って又寝よう。目覚まし時計を止めよう。」と思い始める。その時に、精神的に挑戦される。起き上がって、実行する。だからやるんだ」

 

コービー・ブライアントというバスケの選手の言葉になります。

私が一番好きな選手です。

 

NBAで最も努力した選手だと思います。

 

精神的に負けそうな時があるとコービーの言葉を思い出します。

 

コービーの一年目のシーズンの終わりは酷かったのですが、私のビジネスパーソンとしての一年目も酷い終わりで、重ねて見てしまう所があるからです。

 

何故この言葉を書いたかというと、昨日は自分に負けたなと感じたからです。

 

家族の為にやるべきことを怠ってしまいました。

それが原因で、その後色々とあって寝るのが遅くなってしまった。

すぐさま家族の為の仕事をやれば、早く寝れたのに・・・

 

こういう日の翌日は仕事のパフォーマンスも落ちます。

 

間違いなく昨日は自分に負けました。

 

国家や企業が滅びるときも、外敵からでなく内から腐ると言われます。

 

反省の日でした。

与えられる課題はつまらないが、自分で見つけた課題は楽しい

2020年を目処に高校授業の全科目にアクティブラーニング入れることを検討しているというニュースを見ました。

 

とっても良いことだと感じています。

 

私の学生生活を思い浮かべてみると、楽しかった学習体験はアクティブラーニングが多かったです。

 

一番古い思い出は小学三年生の頃、海の水は何故しょっぱいのか?を調べたときです。

 

自分で課題を見つけて、解いていく過程は楽しかった。

学ぶ楽しさを知った瞬間でした。

 

社会人になった今、仕事を楽しむコツも似ているなと感じます。

 

ただ言われたことをやるだけではつまらないですが、自分で課題を見つけて解決しているときは本当に楽しい。

 

まだ誰からも求められていないけど、これを解決したら周りの人が喜ぶなと考えて、仕事をすると楽しさを感じます。

 

未来の高校生が、学ぶ楽しさに気付く体験をたくさん出来たら良いなと思います。

バランスが大事

私の家にはテレビはありません。

幼い頃からテレビ大好きっ子の私にとって、テレビはタイムマシーンのような物でした。

一度スイッチを入れると、ボーッと長時間見てしまいいつの間にか時間が経っていました。

 

これではいかん!という事で社会人になる際にテレビを撤去しました。

読書の時間を確保するためです。

この決断は今でも後悔していませんが、三年ぶりくらいにアメトークを見て、考えを改める必要があるかも・・・と思いました。

 

芸人さん達の練りに練ったトークは面白かった。

仕事での話し方の参考になりました。

楽しい話し方ってこんなんだと。

 

これは本やセミナーでは分からない学びでした。

 

何事も偏りすぎるとダメなんだと気づくきっかけになりました。