ソウンサの日記

世界を股にかけて活躍する人を目指す過程を書きます。まずは今年中にTOEIC600点

会津旅行記②

1日目お昼ご飯

会津といえば馬刺しですね!

この量で980円です

ソースカツ丼喜多方ラーメンよりも、食べるべきだと思います

会津の馬刺しを食べた事ない人は、是非機会があれば食べてみてください

f:id:sounnsa:20170813125557j:image

 

そして、2日目を迎えます

 2日目は勝常寺へ行きました

斜めになっています!笑

歴史ある新しいです

会津は大規模な空爆を免れたので、歴史ある建物が残っています

f:id:sounnsa:20170813125806j:image

 

f:id:sounnsa:20170813125834j:image

 

f:id:sounnsa:20170815144555j:image

 

写真では分からないと思いますが、

アメンボを久しぶりにみました

小さい頃、ボーっとアメンボの動きを眺めていた事を思い出しました

 f:id:sounnsa:20170815144605j:image

 

弟の畑

私の弟は昨年から、単身会津に行って農業を始めました

ここから第一歩を踏み出しているんだと考えると、感慨深かった

f:id:sounnsa:20170815144655j:image

 

飯盛山にも行きました

白虎隊の博物館にも立ち寄りました

日新館の話から、会津は教育に力を入れていたんだと知りました

その教育が礎となって、偉人が生まれた事も

戊辰戦争には負けましたが、後世への貢献度は高かったんですね

兵器などの戦力差で、どうしようようもない要素で負けましたが、人への投資は長期的に効果があったんだと思います

f:id:sounnsa:20170815144754j:image

 

お昼は「まったり」というラーメン屋へ

飯盛山のお土産屋のお兄ちゃんからオススメされたので訪問

ここも美味しかった!

こってりの喜多方ラーメンでした

14時に来店したにも関わらず、お客さんがひっきりなしにきてました

f:id:sounnsa:20170815144803j:image

 

ラーメンの後は鈴竹という漆器の工房へ

ここ写真撮り忘れてしまいました

スプーンを購入

 

鈴竹の後は温泉へ

温泉の牛乳です

f:id:sounnsa:20170815144839j:image

 

弟の家に泊まるための移動中です

土砂降りの雨が降って止み、美しい田園風景を見れました

 f:id:sounnsa:20170815144850j:image

 

f:id:sounnsa:20170815144925j:image

 

 次の日は一日移動でした

そして実家の茨城へ

 

会津旅行はこれにて終了です

 

 

会津旅行記①

母の実家に帰るために、会津に行きます。

祖父と祖母に結婚式の報告をしてきます。

朝7時に春日部駅発です。

眠い。

f:id:sounnsa:20170812100418j:image

 

リバティという新しい車両に乗ります。

WiFiがあって快適です。

f:id:sounnsa:20170812100547j:image

 

福島の方に入ると景色が綺麗です。

f:id:sounnsa:20170812100838j:image

 

インターステラーのサントラを聴きながら乗っていました。

良い時間でした。

 

 

会津田島駅に到着です。

リバティを前面から撮ってみました。

f:id:sounnsa:20170812100818j:image

 

会津田島駅からは、各駅停車で会津若松駅に行きます。

 f:id:sounnsa:20170812100926j:image

 

続く 

プロフェッショナルの原点 8月4冊目

この本からの学びは二つでした。

 

①自らの仕事の成果を定義せよ

現代の仕事は、単純労働ではなくなっている。

ネジを締めるだけの仕事のように、単純作業は仕事はない。

ますます複雑になっているし、やるべきことが山のように押し寄せてくる。

 

この状況を打破するには、自らの仕事の成果は何か?という事を常に問い続ける必要がある。

そうでもしないと、無駄な仕事に時間を奪われ続ける。

 

そして、仕事の成果を定める基準は、何をしたら他者へ貢献出来るか?である。

 

②自分の時間の使い方を分析せよ

計画することから、スタートすると計画倒れになる。

まずは、自分が何に何時間を使っているのか知ること。

自分の時間の使い方が分かれば、時間を整理整頓できるはず。

整理整頓後に、成果につながる仕事をする時間を確保しよう。

 

以上が私の認識です。

もしかしたら、少し違った解釈をしてしまっているかもしれないですが、まとめてみました。

 

 

 

2日連続で本の内容をまとめている理由は、体系化のためです。

先日、上司から指摘されて気付いたのですが、どうやら私は知識が散在してしまっているようです。

 

本を読んだら自分論にまとめてみて、使ってみる。

この過程を入れないと、読書の効果が薄れるみたいです。

 

大変ですか、これからもボチボチ頑張ってみようと思います。

 

最後にタイトルに書いた冊数は、モチベーションアップのためです。

達成感を感じてみたくて、書いてみました。

 

前月は12冊なので、超えたいと思っています。

マニャーナの法則

久しぶりに読書日記を。

マニャーナの法則という本です。

 

今日一日でやるべきことを、やりきるための本でした。

 

今日一日を振り返ってやるべきことが終わっていなければ、それは割り込み仕事に時間を割いたからだ。

今日頼まれたことは明日やろう。

でないと、やると決めてた事をやる時間を失うよ。

 

というのが、この本のメッセージでした。

 

 

毎日決めたことを目標達成していくには、大事な考えです。

常にベストとは限らないけど、切り口として持っておくと役に立ちそうな考えだと思いました。

 

そして、この考えを生み出した人の姿勢に痺れました。

毎日の時間の使い方を必死に考えないと、出てこない考え方です。

 

こういう執念を持たなければいけないですね。

 

何故イライラするのか

今日はTOEIC受けて来ました!

やっぱり難しい!

一年前にノー勉強で突撃した時よりは、マシだと思いますが、今回はどうでしょうねー

とにかく結果を待ちます

 

 

 

今週はTOEICテスト、そして先週はバスケの大会に出てきました。

仕事以外で取り組んでる事のアウトプットする機会が続きました。

 

 

 

そこで感じた事が一つ。

 

 

 

私はバスケの大会に出ると試合中に熱くなりすぎて、イライラしてしまいます。

これは、自分が学生時代に卓球をしていた時も同様でした。

大会になるとイライラしやすい。

 

何故だろうと振り返ったのですが、

場の空気の飲まれている事が原因でした。

 

いつも決めてるシュートが入らない。

ミスをした!かっこ悪い!やばい!何とかしなきゃ!

という気持ちで一杯になってました。

 

これを越えるために、現状を受け入れて、今の環境に裸で向き合う必要があります。

 

自分には現状、出来ない事がたくさんある。

ただこの場を乗り越えるには、限られたリソースで何とかする必要ある。

どうする?自分?と投げかける事です。

 

自分の気持ちを客観視する事が出来るので、中々良い気づきだと思いました。

 

f:id:sounnsa:20170723161059j:image

ハワイ旅行記⑦

ハワイから戻って来て二週間経ちましたが、旅行記書きますよー!

今回の旅行では、たくさんの日本人に会いました。

 

ハワイは旅行客だけでなく、移住している人も多いのですね!

そんなハワイ在住の日本人から聞いて、印象的だった事を紹介します。

 

現地に移住するとアメリカナイズされすぎて、日本の事を卑下する人がいるそうです。

そうすると日本人良さを失ってしまい、変な人になってしまうと。

気遣い、謙虚さ等も失ってしまうそうです。

 

自分の事を省みると、自分も日本の良さを見つめてきれていないのかなと感じました。

 

良い事や物は以外と近くにあると思うのですが、発見しきれてないなーと。

 

日本の良い製品、東京のいい所、地元茨城の良い所、たくさんあるはずなんですけどね。

 

旅行に行くと感覚が敏感になり、気付きやすいです。

 

なので、隣の芝生ばかり見てしまいますが、今いる芝生をもっと眺めてみようと思いました。

写真展

先週、ハワイから帰ってきました。

ハワイ旅行で感じたことはまだあるので、気が向いたときにボチボチ書いて行こうと思います。

 

昨日は従兄弟の写真サークルの写真展へ。

 

プロの写真でないから面白いなと感じました。

素直に撮りたい構図で撮っているから、みんな個性的でした。

 

人それぞれの物事の捉えた方は違うんだなと、視覚的に分かりました。

 

この人は感覚的に物事を捉えてる人かな?

抽象的に物事を捉えるのかな?

一つ一つのことをじっくり考えていそうだな

 

などなど

 

コミュニーケーション取るときも、同じことでも人によって伝え方を変えねばなりません。

それを視覚的に説明された様な気がしました。

 

 

場所は東洋大学だったのですが、とっても綺麗なキャンパスでした。

f:id:sounnsa:20170702120003j:image